風を感じて

初めまして。

Open Sesameです。


歌ったり喋ったり書いたり、伝えることが滅法好きです。


ここでは、Ameblo(ブログ)とはまた違う語り口で、

内容も、告知や案内、日々の徒然ではなく、


自分がずっと感じていること、

自分が今おもうことなど、


真剣に伝えて参ります。


「伝えて」とはいいながら、

誰かに向けてというよりも自分のため、

「魂の深呼吸」のような綴り処になる氣がしますが、


それが、誰かにも響けば

こんな嬉しいことはありません。


どうぞ、よろしくお願いします。





さて、

明日から、7月ですね。


私は、自分が夏生まれなので、

季節の中ではダントツで夏が好きです。



「そろそろ衣替えしようかな。」っていう

「本格的に夏が来る一歩手前」が、一番好きかも。


それは、

始まっちゃうと終わるから、

「いよいよ、もうすぐ」って

ワクワクしてる時が一番シアワセだという

貧乏性の癖もあるかもしれないけど、


なによりも、

袖が短くなって、「風を肌で感じ始める」からなのです。



夏の夜や朝方、車の窓や部屋の窓から吹き込む風に

手足の産毛だけでなく、細胞までもが波立つように

全身が歓喜するのを感じます。